スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

ありがとう、またね

 

長い間、不調でありつつも頑張っていたシロ。

12月1日、朝6時半頃。
シロはゆっくりと眠りました。

ありがとう。
おつかれさま。
いつかまた、うちにきてね。


今はまださみしさでいっぱいです。
猫飼いの人ならわかると思うけど、猫は人と同じ様に「性格」があります。
なので「シロ」の代わりはどこにもいません。

うちの3匹のなかで、シロは、誰よりも「人間が好き」な子でした。
ノラなのに…捨てられただろう子なのに。(去勢済みでした)
最初の頃は頭を撫でようとするとビクッとして必ず目をつむっていたので
「ぶったりしないよ〜」と何度も撫でていました。
ぶたれたことがあったのかな…と思うと哀しいです。

元々ノラで、初めて会った時は顔に傷でも作ったのか、膿んで破裂した跡でぐちゃぐちゃでした。
獣医さんにつれてって、治った後も、うちの周りをウロウロ…どころか
「入れて〜入れて〜!!」とものすごい主張をしていました。
油断すると開いた玄関から勝手に入ってきました。

うちの子になってからは、
同じ布団で、しかも腕枕で眠るし
朝起きれば膝に座りたくて待ってるし
毛すきブラシを持てば「やってやって!」とゴロゴロ言いながら寄ってくるし
「シロ」と呼んだだけでゴロゴロ言う、見つめただけでゴロゴロ言う、
でも他の2匹の方が年下なので、遠慮してるのか何なのか
あまり上手に甘えることの出来ない、不器用な子でした。


私の写真フォルダには、元気な頃、みんなで撮った写真しかありません。






ずっとずっと、こんな姿を心の中に置いておきたいです。

ありがとう、シロ。

本当に、うちにきてくれてありがとう。

また生まれ変わったらうちにきて、「入れて〜入れて〜!!」って鳴いて教えてね。

| シロ | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM